横野真史 絵 音楽

タイトルに「多め」と書いたが、これは私の基本的な投稿ペースから比較して「多め」であることを意味する。
基本的な投稿ペースは、期間の規定こそ無くとも、早すぎず遅すぎずに行うことを意識して時宜に随っている。
思えば、何年も前からそのように意識し、ある時は何らかの活動を毎日行い、ある時は数日に1度、ある時は数週間に1度、というようなペースを随時維持してきたが、今回の場合はYouTube音楽チャンネル(Sundarkness名義)で10日程度に1度投稿している状態である。
これも他人の目を慮り、常にそうして思いやりの心で判断してきたが、今はもはやどこの活動でも良心ある閲覧者というものがいないとみなされるため、従来の「思いやり基準=リミッター」を多少緩和することで、多めに投稿してゆこうと思う。
思いやり基準は、閲覧者を慮って行うものであり、そういう閲覧者がいないとみなされた時にはお役御免であるから、今年は気にせずに横野真史名義の動画や音楽動画を投稿してゆこうと思う。

「2016年末から年明け後もYouTube・外部サイトで多めに投稿」の続きを読む
下の広告は2015年5月1日をもって消えました。

1ongakukan

当・音楽館では、前回の投稿記事から5ヶ月が経過している。
自分の本心に随って当ブログで新しい記事を作ろうと構想する状態に遠のいている。
そのような状態にあって今回は、2016年9月17日に、何となく放置期間の隔たりに焦りを感じて一応のまとめ記事を起草した。
また、これから投稿する予定の作品についての情報や、今後の音楽活動の計画・構想についても簡潔にまとめようと思う。

トップ画像は2016年5月28日(日本時間)にYouTubeで投稿した動画で使用した画像素材を加工したものであり、その動画の音楽の曲名は"Extremely Murderous Impulse"である。
この"EMI"は2014年1月末にYouTubeSoundCloudで公開済みであり、当・音楽館でも同年4月20日に個別記事を投稿している。
この"EMI"はSoundCloudでも公開しており、当記事を起草するにあたってDL可能状態に変更したが、同じくSoundCloudでこの画像素材をアートに適用した"Wild Beheading"も投稿している。

「最近の投稿物の簡素なまとめ記事」の続きを読む

http://www.youtube.com/watch?v=fbI8WJW9uI4

2016年4月1日16時にWindows 10搭載のPCが到着した。
この件の詳述は省いて本家ブログの記事に任す。
この到着を契機に、4月5日に2本の動画を作成し、1本を即日投稿し、もう1本は4月8日に内容の追加を経て投稿した。
トップに載っている埋め込みは、前者の動画である。
いずれも同じスタイルであることはご覧のとおりであるが、同じスタイルの動画の案がまだ残っているため、追って投稿する可能性がある。
このほか、PC到着1週間前である2016年3月24日の朝(日本時間だからサイト上ではCA時差のMar 23, 2016扱い)にも、Sundarknessチャンネル上でネタ動画を投稿している。

以下から、動画と音楽の説明に入る。


「Windows 10のPC購入を契機に複数本の動画を投稿」の続きを読む

http://www.youtube.com/watch?v=Iqkr3EqNrgE

1月下旬である21日になって当記事を起草・投稿すると思うと、何だかやりきれなく思う。
当記事を投稿して後には、1月中の携帯作曲だとかのまとめ動画や記事を作る可能性が充分にある点も加味して、当記事の必要性は大きく欠く。
ともあれ、当記事では簡単に動画の埋め込みコードを掲載していく。
※埋め込みコード"Embed Code"については、<object>式と<iframe>式を混用した、トップ動画のみが<object>式としている。


「2015年12月に音楽動画を4+1本投稿し、2016年1月は既に動画1本・サンクラ2本、今後も・・・」の続きを読む


http://www.youtube.com/watch?v=aU4vsu9xBpM

「熱烈作曲の佳き月・8月」の謂れとして、1年前の8月は某ツールでの作曲と、関連サイトでの投稿に精を出したことが挙げられる。
反面、関連サイトで一度目の勘気を蒙ったりもした・・・。
そういった因縁の深い月がこの8月である。

去年同様、8月は1年で最も作曲が亢進した月となりそうだが、悪い見方も出来る。
というと、暫定的に2015年で最も作曲活動を行えた月である今月が、まだ来ぬ月をも既に上回っているとして、それでは絶望的な残りの数ヶ月となってしまうからだ。
今年の8月が今年の中の十二ヶ月の頂点に位置しても、去年の8月や7月にさえ及ばない可能性がある。
だからこそ、8月10日以降、この8月が前年に超える成果を上げられる月となるよう、気合を入れたのだ。

「熱烈作曲の佳き月・8月の作曲状況」の続きを読む

↑このページのトップヘ