カテゴリ: 音楽制作日記

eradicated
2018年1月より、私の歌声を自ら投稿する傾向が現れ始めた。
2018年5月からは本格的に作詞行為を始め、随時に動画投稿をしてきたので、その動向をまとめつつ、以後にも追記する。

先に、私が音楽における文学性について、2013年ころには反抗的態度であったのに対し、なぜ2018年には歌詞を積極的に書く意思を持ったか、思想変遷を少し披瀝する。
「歌詞付き自作曲・オリジナル曲の公開 (随時追記)」の続きを読む
下の広告は2015年5月1日をもって消えました。

横野真史 絵 音楽

タイトルに「多め」と書いたが、これは私の基本的な投稿ペースから比較して「多め」であることを意味する。
基本的な投稿ペースは、期間の規定こそ無くとも、早すぎず遅すぎずに行うことを意識して時宜に随っている。
思えば、何年も前からそのように意識し、ある時は何らかの活動を毎日行い、ある時は数日に1度、ある時は数週間に1度、というようなペースを随時維持してきたが、今回の場合はYouTube音楽チャンネル(Sundarkness名義)で10日程度に1度投稿している状態である。
これも他人の目を慮り、常にそうして思いやりの心で判断してきたが、今はもはやどこの活動でも良心ある閲覧者というものがいないとみなされるため、従来の「思いやり基準=リミッター」を多少緩和することで、多めに投稿してゆこうと思う。
思いやり基準は、閲覧者を慮って行うものであり、そういう閲覧者がいないとみなされた時にはお役御免であるから、今年は気にせずに横野真史名義の動画や音楽動画を投稿してゆこうと思う。

「2016年末から年明け後もYouTube・外部サイトで多めに投稿」の続きを読む

1ongakukan

当・音楽館では、前回の投稿記事から5ヶ月が経過している。
自分の本心に随って当ブログで新しい記事を作ろうと構想する状態に遠のいている。
そのような状態にあって今回は、2016年9月17日に、何となく放置期間の隔たりに焦りを感じて一応のまとめ記事を起草した。
また、これから投稿する予定の作品についての情報や、今後の音楽活動の計画・構想についても簡潔にまとめようと思う。

トップ画像は2016年5月28日(日本時間)にYouTubeで投稿した動画で使用した画像素材を加工したものであり、その動画の音楽の曲名は"Extremely Murderous Impulse"である。
この"EMI"は2014年1月末にYouTubeSoundCloudで公開済みであり、当・音楽館でも同年4月20日に個別記事を投稿している。
この"EMI"はSoundCloudでも公開しており、当記事を起草するにあたってDL可能状態に変更したが、同じくSoundCloudでこの画像素材をアートに適用した"Wild Beheading"も投稿している。

「最近の投稿物の簡素なまとめ記事」の続きを読む

http://www.youtube.com/watch?v=fbI8WJW9uI4

2016年4月1日16時にWindows 10搭載のPCが到着した。
この件の詳述は省いて本家ブログの記事に任す。
この到着を契機に、4月5日に2本の動画を作成し、1本を即日投稿し、もう1本は4月8日に内容の追加を経て投稿した。
トップに載っている埋め込みは、前者の動画である。
いずれも同じスタイルであることはご覧のとおりであるが、同じスタイルの動画の案がまだ残っているため、追って投稿する可能性がある。
このほか、PC到着1週間前である2016年3月24日の朝(日本時間だからサイト上ではCA時差のMar 23, 2016扱い)にも、Sundarknessチャンネル上でネタ動画を投稿している。

以下から、動画と音楽の説明に入る。


「Windows 10のPC購入を契機に複数本の動画を投稿」の続きを読む

http://www.youtube.com/watch?v=Iqkr3EqNrgE

1月下旬である21日になって当記事を起草・投稿すると思うと、何だかやりきれなく思う。
当記事を投稿して後には、1月中の携帯作曲だとかのまとめ動画や記事を作る可能性が充分にある点も加味して、当記事の必要性は大きく欠く。
ともあれ、当記事では簡単に動画の埋め込みコードを掲載していく。
※埋め込みコード"Embed Code"については、<object>式と<iframe>式を混用した、トップ動画のみが<object>式としている。


「2015年12月に音楽動画を4+1本投稿し、2016年1月は既に動画1本・サンクラ2本、今後も・・・」の続きを読む


http://www.youtube.com/watch?v=aU4vsu9xBpM

「熱烈作曲の佳き月・8月」の謂れとして、1年前の8月は某ツールでの作曲と、関連サイトでの投稿に精を出したことが挙げられる。
反面、関連サイトで一度目の勘気を蒙ったりもした・・・。
そういった因縁の深い月がこの8月である。

去年同様、8月は1年で最も作曲が亢進した月となりそうだが、悪い見方も出来る。
というと、暫定的に2015年で最も作曲活動を行えた月である今月が、まだ来ぬ月をも既に上回っているとして、それでは絶望的な残りの数ヶ月となってしまうからだ。
今年の8月が今年の中の十二ヶ月の頂点に位置しても、去年の8月や7月にさえ及ばない可能性がある。
だからこそ、8月10日以降、この8月が前年に超える成果を上げられる月となるよう、気合を入れたのだ。

「熱烈作曲の佳き月・8月の作曲状況」の続きを読む

メタル 鋼鉄漢
記事タイトルの旧称: 7年間メタル作曲に心血を注いだ男の精神 (2018年8月18日、それまでの3年4か月でこの記事には「メタル 作曲」といった検索クエリによる1UU1PVアクセスが多かったことを鑑みてタイトルを変更した)

以前、当音楽館で某サイト作曲者の一人について綴ったが、当記事で紹介する題名の人物もまた、某サイト作曲者である。
細かい経緯としては、2005年未明に前身サイトでの活動が見られ、2006年1月より某サイトへと移行し、それから更に2012年8月まで活動を継続した。
前身サイト以前のネット上における作曲活動歴は恐らくない。

黎明たる2005年といえば、彼は当時28歳(1977年1月18日生まれ)であった。
とあるバンドに憧れて10代からベースを弾き始めた経験があるそうだが、2015年現在彼は音楽から足を洗った(ベースも処分?)どころか、ゲームする他に何もやることが(禁)
そのゲームであっても「激しいゲームについていけなくなった」と、加齢に伴う限界の色を露にしている今日では、もう彼に作曲を期待するのは荷が重そうだ。
なので、彼の長きに渡った「練鋼」を労いたい。
そして、彼のかつての気概を拝して、私の活動の糧にもせんと、以下より「楽曲の特徴」などを克明に記したい。

彼の曲の一例→http://www.youtube.com/watch?v=PLd_hxOoVcQ
 「某サイトの作曲者に関する記録② (記事タイトル變更せらる)」の続きを読む

http://www.youtube.com/watch?v=z80kt_4zVQQ

当ブログ前回の記事では「らい○」ちゃんの足跡を辿り、メモ帳でも「らい○」ちゃんについての小説を書いた。
このネタに倣った楽曲を制作している。
タイトルは「夭折した聖女の安息を祈る謳」で、英語のサブタイトルも考え中。
この曲名でピンと来る人もいるはずだ。
あるバンドはこんな感じのキチガイタイトルを連発しているのだが、それの影響はある。
したがって、ジャンルもご期待の通りメロデスになる。
10月27日に作り始めたのだが、28日には1分強まで荒削りで作ったところで頭打ち。
色々聴いて勉強しなくちゃ・・・

一方、これに準じてメタル神に関する曲も検討中。
以前、本家ブログで"Behold the god's force"という奇怪な英文を書いた画像を載せたことがあったが、これをかっこよく訳した「神の御稜威を見よ!」にでもしようかな。
キリスト教然としている、「聖」や「御稜威」だが、前者は本来仏教で、後者は本来神道で、共にキリスト教が認められてきた時代から、ラテン語や英語の対訳に的確な言葉がないかと探した際に、これら日本の伝統的な宗教で用いられる言葉が転用されたわけだから即ち・・・
らい○ちゃんはメタルを謗り、メタル神の逆鱗に触れたため、私的なディエス・イレを見た!
曲名にするときは"the"みたいな単語以外は頭文字を大文字にしないと・・・ 
 
「最近の楽曲制作状況と投稿記録(2014年10月)」の続きを読む

謗る
以前にもどこかで書いた(別名義のサイトで?)ある人物の作曲法について詳しく綴る。
彼、いいや彼女は2008年11月、17歳の時に携帯電話での作曲を本格的に開始し、一曲目で頭角を現していた(某サイト参戦以前の音楽経験は不明)のだ。
一方の私は14歳からであることを思うと、優劣いかがなものか色々複雑。

彼女の音楽は初期の時こそ普通のロックであったが、ある時から水を得た魚の如く進歩してV系メタルやトランス・テクノなどを作るようになった。
末期には落ち着いた曲やボカロ系などに成れ果てた上、メタル系を扱き下ろす発言までしたが・・・
彼女の曲の一例→http://www.youtube.com/watch?v=k-3IpHOu6vo


「某サイトの今は亡き作曲者を思う・・・」の続きを読む

Extreme Hatred
https://www.youtube.com/watch?v=wrcFzUNtlMM

"The Heretical Insurrection"を投稿してこっちのブログの更新もしてあげないといけないことに気付いたから久々記事作成。
こんにちまでに割と多く投稿してきたと思うよ。
そして、作ったら必ずしもYouTubeSoundCloudに載せると決めてるわけではないから、未公開のストック数が何十曲にものぼっている。
ストックが多く残りつつ、しかもどんどん作り続けているから、ヨコノ楽曲ワールドが人知を超えた広範囲に展開されていってることを、みんなは知りえない。

必死に曲作りしても、1銭も還元されないからばかばかしく思えるけど。
軽い貧乏性で、気前よく発表するとかって気も薄いから、ストックが日の目を見ず消え・・・

「最近の音楽投稿記録 (2014年8月)」の続きを読む

↑このページのトップヘ